歴研

歴史好きの歴史好きによる歴史好きの為のブログ

【九州四十九院薬師霊場】12番 観海寺

f:id:rekiken9:20200323121249j:image

大分県別府市の観海寺
f:id:rekiken9:20200323121256j:image

観海寺縁起

 

 口碑に曰く、奈良時代・養老二年(元正天皇)約1280年前仁聞菩薩始めて錫を此地に駐め温泉を拓き、諸々の病者して入浴せしめ後丘に一宇を建立し観海寺と称す、当時自ら一刀三礼薬師如来の尊像を彫刻し本尊仏となる。

 とあり奈良朝、六郷満山を開いた僧、仁聞の開基とされております。

 現在の観海寺は昭和13年に再興されたもので禅宗系・曹洞宗です。

 新しい資料では豊後の国主大友宗麟の古文書が発見され約440年前に当観海寺が有った事が証明されました。

 当寺には後白河法皇の第三皇女・式子内親王百人一首和歌の名手)御墓や幕末の有志二条義実公御墓・特攻撃隊憩翼の碑が有ります。
f:id:rekiken9:20200323121303j:image

本堂

寺名 観海寺
住所 大分県別府市 観海寺4
TEL 0977-23-2639
本尊 薬師如来
創建年 718年
駐車場  
備考  

【九州西国三十三観音霊場】7番 宝満寺

f:id:rekiken9:20200323121014j:image

大分県別府市の宝満寺
f:id:rekiken9:20200323121021j:image

九州西国観音霊場七番札所

別府で一番古いお寺といわれ、養老二年(718年)仁聞菩薩により、堂宇が建立されて宝満寺と名付けられたという古刹である。奈良時代には朝廷から山林や水田を、鎌倉時代には大友氏から寺田四百町歩の寄進を受けて栄えたといわれるが、たびたび火災に遭って衰えたものの江戸時代に再興された。寺はもと田の口村の山中にあったが、大正二年(1913年)現在地に遷座した。境内は浄く手入れされ、また冥界の坂道が整備されている。
f:id:rekiken9:20200323121007j:image

 

寺名 宝満寺
住所 大分県別府市 田の口1
TEL 0977-23-2653
本尊 十一面千手観世音菩薩
創建年 718年
駐車場  
備考  

【九州二十四地蔵尊霊場】8番 浄心院

f:id:rekiken9:20200323120652j:image

福岡県朝倉市浄心
f:id:rekiken9:20200323120702j:image

本堂

 

寺名 浄心
住所 福岡県朝倉市平塚780
TEL 0946-22-7702
本尊  
創建年  
駐車場  
備考  

【九州三十六不動霊場】32番 清岩寺

f:id:rekiken9:20200323120112j:image

福岡県朝倉市の清岩寺
f:id:rekiken9:20200323120052j:image

石敢当

 

小石柱で鹿児島本土から奄美・沖縄に至る島々の町に点々と分布している。

街の道路の行き当り又は、人家の門に道路が突き当たる処には悪魔や悪い風(台風)が直進してきて屋敷にとび込んでくるので、それを防ぐ必要があると信じられ魔除けとして立てられていた。又、中国の強い将軍の名前でそれが魔除として鹿児島や奄美・沖縄に伝えられたものという説がある。この石敢当は、平成二年頃、当山の駐車場内の石垣の上に何人に依って持ち込まれたかは不明であるが、前述の如く謂れある石碑である。

此度、山門頭の整備に伴い此の処に設置した。
f:id:rekiken9:20200323120102j:image

石敢当
f:id:rekiken9:20200323120127j:image

本堂
f:id:rekiken9:20200323120120j:image

 

寺名 清岩寺
住所 福岡県朝倉市三奈木15
TEL 0946-22-6750
本尊  
創建年  
駐車場  
備考