歴研

歴史好きの歴史好きによる歴史好きの為のブログ

【福岡市博多区】吉備津宮

f:id:rekiken9:20200405112550j:image

福岡市博多区鎮座の吉備津宮
f:id:rekiken9:20200405112558j:image

吉備津宮

 

 第十代崇神天皇の時、彦五十狭芹彦命四道将軍の一人西道将軍となり、弟稚武彦命とともに吉備の国に住む豪族温羅の反乱を平定して後、吉備の国造となり、吉備の国に住んだところから吉備津彦命と言ったといいます。

 吉備津神社備前の国に本社があります。九州には筑前東光寺に吉備津宮があるだけです。

 福岡県神社誌によりますと、寛文元年(1661)黒田三代藩主、光之の家臣、宮内政盛が勧請したとあります。宮内政盛は侍のうち100石以上の地行取りで、たまたま東光寺を領有し、郷里備前産土神吉備津神社を勧請したと考えられます。

 吉備津彦命と温羅の合戦は、桃太郎の猿蟹合戦物語の原型と伝えられています。

 子孫は代々吉備臣を称し、その末裔には、大宰大弐となり、怡土城を築き、のち右大臣まで進んだ吉備真備があり、又、鎌倉時代の初頭、博多聖福寺を開いた禅僧の栄西があります。

 東光寺の地名の由来は、はっきりしませんが、吉備津宮の神宮寺であったであろう来光寺からの地名であるかもわかりません。

 因みに拝殿前上の扁額裏書に天明丙午(天明六年、1786)六月・加藤■山一純の銘があります。
f:id:rekiken9:20200405112604j:image

拝殿