歴研

歴史好きの歴史好きによる歴史好きの為のブログ

長崎県

【長崎県長崎市】眼鏡橋

中島川石橋群 長崎県長崎市の眼鏡橋 遺跡名 眼鏡橋 住所 長崎県長崎市魚の町2 TEL 年代 指定区分 駐車場

【長崎県長崎市】出雲大社長崎分院

長崎県長崎市鎮座の出雲大社長崎分院 神社名 出雲大社長崎分院 住所 長崎県長崎市桜町8−5 TEL 095-822-9278 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 御朱印

【長崎県長崎市】長崎大神宮

長崎県長崎市鎮座の長崎大神宮 長崎大神宮の由緒 「東京大神宮の流れをくむ」「親王が分霊されたお宮は長崎には別ない。創建は明治時代、長崎の伊勢神宮を崇敬する人達が日本の国柄を宜■■ために長崎に祀ると伊勢神宮は勧請明治11年(1878)に海路茂木港につ…

【長崎県長崎市】興福寺

長崎県長崎市の興福寺 千里眼 順風耳 県指定史跡 興福寺寺域 興福寺は、元和6年(1620)創建されたわが国における最初の唐寺です。開基は江西省出身の眞圓、寺地は元欧陽氏の別荘でした。眞圓は寛永12年(1635)まで住職を務め、その後二代目には、眼鏡橋を…

【長崎県長崎市】若宮稲荷神社

長崎県長崎市鎮座の若宮稲荷神社 方形の鳥居 鳥居の柱が方形で作られた珍しい鳥居。旧長崎奉行内の稲荷社に文政三年(1822)に長崎奉行土方出雲守が奉納し、明治三十二年(1899)に当神社に移される。 方形の鳥居 坂本龍馬と若宮稲荷神社 若宮稲荷神社は「勤…

【長崎県長崎市】亀山社中跡

長崎県長崎市鎮座の亀山社中跡 近藤長次郎<1838~1866 高知県生まれ> 幼い頃から学問・武術を好み、江戸にも遊学して高島秋帆からも砲術を学びました。勝海舟に入門し神戸海軍操練所でも修行を続け、慶應元年(1865)の亀山社中結成に参加し、「龍馬の片腕…

【長崎県長崎市】亀山焼窯跡

長崎県長崎市の亀山焼窯跡 亀山焼窯跡について 亀山焼窯跡は文化四年(1807年)大神甚五平外三名がオランダ人に売る水瓶製造の窯を築き陶器を焼いたことに始まり、文化十一年(1814年)白磁染付を焼くことに成功しました。絵付は南画家木下逸雲など有名文人…

【長崎県長崎市】伊勢宮

長崎県長崎市鎮座の伊勢宮 伊勢宮略歴 當伊勢宮は今を去る三百六十余年前の寛永六年に天台宗修験南岳院存祐と云う人が長崎の繁栄天下泰平諸人安全祈願の為に外宮長官檜垣常晨の許状を得て今の地に内宮を鎮座奉斎し後、寛永十六年に幕府及伊勢神宮に請ふて外…

【長崎県長崎市】宮地獄八幡神社

長崎県長崎市鎮座の宮地嶽八幡神社 八幡町の陶器で出来た鳥居で有名な神社。寛永二十年(1643)、天台宗の大覚院存性坊という修験僧が高麗町(今の八幡町)に大覚院を創建、正保三年(1646)に山城国から本社八幡宮を勧請して院内に祀ったのが起源。 承応二…

【長崎県長崎市】滑石太神宮

長崎県長崎市鎮座の滑石太神宮 滑石大神宮社叢 この神社は、もと大村藩領滑石村の氏神として萬治3年(1660)に創建されたもので由緒も深い。社叢は、小高い丘の広い範囲を覆い、社殿を中心に周囲い広がる。 社叢を形成する樹木は、いわゆる照葉樹林で、高木…

【長崎県長崎市】松森天満宮

長崎県長崎市鎮座の松森天満宮 戦利兵器奉納ノ記 是レ明治三十七八年役戦利品ノ一ニシテ我カ勇武ナル軍人ノ熱血ヲ濯キ大■ヲ得タル記念物ナリ茲ニ僅テ之ヲ献シ以テ報賽ノ微衷ヲ表シ尚皇運ノ隆昌ト国勢ノ発揚トヲ祈ル 奉納された戦利兵器 県指定有形文化財 職…

【長崎県長崎市】西山神社

長崎県長崎市鎮座の西山神社 西山神社(妙見宮)由緒記 長崎聖堂の学頭で唐通事 蘆草拙が寛文年間(1660年代)から奉祀していた北辰妙見尊星と諏訪神社吟味役村田四郎次(酒屋町居住)が奉祀していた妙見尊神を草拙所有地であったこの浄地(現在地)に神社を…

【長崎県長崎市】諏訪神社

長崎県長崎市鎮座の諏訪神社 御由緒 長崎は、戦国時代にイエズス会の教会領となり、かつて長崎市内に祀られていた諏訪・森崎・住吉の三社は、焼かれたり壊されて無くなっていたのを、寛永二年(1625)に初代宮司となる青木賢清により、官許を得て西山郷円山…

【長崎県佐世保市】速来宮

長崎県佐世保市鎮座の速来宮 御由緒 当社は古くより早岐城三所権現或いは熊野三所権現と称せられ早岐総鎮守たり景行天皇十二年の鎮座と伝う 永享八年早岐城主源義信再興し神鏡三個を奉納す。殊に松浦家代々の尊崇篤く社領を献し早岐五ヶ村の鎮守神とした。明…

【長崎県佐世保市】須佐神社

長崎県佐世保市鎮座の須佐神社 神木(槙)の由来 この槙の木は慶長元歳丙申平戸藩主松浦肥前守隆信は秀吉朝鮮に軍を起こすや兵船を編成し子鎮信、孫久信に指揮せしめて大に勇名をはせたり。戦い終わりて同二年八月隆信が当社に戦勝奉告の参拝をし記念にこの…

【長崎県大村市】長崎県忠霊塔

碑文 昭和十六年(1941)秋、久留米第五十六師団に動員下命。十月二十七日混成第五十六歩兵団坂口支隊(大村歩兵第百四十六連隊基幹)編成完結。十一月中旬大村駐屯地を発し、門司港より出航、南洋カロリン諸島西部のパラオ諸島に待機す。 昭和十六年(1941…

【長崎県大村市】富松神社

長崎県大村市鎮座の富松神社 富松神社由緒記 当神社名が、文献上に最初に登場するのは、正平十九年(1364)から同二十五年(1370)の間に、本堂川(大上戸川)周辺の諸寺院で写経された大般若経の奥書に「肥前国彼杵荘大村富松社」と見え、南北朝の正平十九…

【長崎県大村市】旧円融寺庭園

円融寺跡と庭園 松林山大乗院円融寺は、江戸時代初期の承応元年(1652)大村四代藩主大村純長によって、徳川家光以下歴代将軍の位牌を祭るために創建された天台宗の寺院です。 純長は幕府勘定奉行伊丹勝長の四男で、先代純信の養子となりました。しかし、幕…

【長崎県大村市】大村藩三十七士の碑

大村藩三十七士の碑 日本中が勤王か佐幕かと混迷していた幕末のころ、大村藩では、渡辺清・昇兄弟・針尾九左衛門、松林飯山、長岡治三郎、楠本正隆らを中心として、勤皇の動きがありました。彼らは、同志で血盟を結び、密かに会合を続け、諸藩の志士と交わり…

【長崎県大村市】八幡神社

長崎県大村市鎮座の八幡神社 拝殿 本殿 神社名 八幡神社 住所 長崎県大村市東本町 TEL 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 御朱印

【長崎県佐世保市】針尾無線塔

長崎県佐世保市の針尾無線塔 無線塔内部 国重要文化財 油庫 油庫は地図①のような針尾送信所建設当時は、現在地より東側に建設されているようである。大正10(1921)年に建設されている。この施設は、ガソリン、軽油、灯油類の保管庫として建設されたために、…

【長崎県松浦市】今福神社

長崎県松浦市鎮座の今福神社 祓いの獅子 失敗事や反省事のある方はこの獅子の口に手を入れ再び繰り返す事の無いよう誓いを立てて下さい なお牙が鋭いので、気をつけて行って下さい 叶いの狛犬 体に不調や不具合がある方は、その箇所と同じところに手を当て祈…

【長崎県松浦市】淀姫神社

長崎県松浦市鎮座の淀姫神社 祭神 景行天皇 淀姫之命 豊玉姫之命 拝殿 神社名 淀姫神社 住所 長崎県松浦市志佐町浦免632 TEL 0956-72-0653 御祭神 景行天皇、淀姫之命、豊玉姫之 創建年 社格 建築様式 駐車場 有 御朱印 有

【長崎県島原市】猛島神社

長崎県島原市鎮座の猛島神社 拝殿 本殿 神社名 猛島神社 住所 長崎県島原市宮の町251 TEL 0957-62-3562 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 有 御朱印

【長崎県佐世保市】飯盛神社

長崎県佐世保市鎮座の飯盛神社 拝殿 本殿 神社名 飯盛神社 住所 長崎県佐世保市相浦町2371 TEL 0956-47-2515 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 有 御朱印 有

【長崎県島原市】島原武家屋敷

長崎県島原市の武家屋敷跡 武家屋敷街 ここ一帯に徒士屋敷があり、松倉重政が島原城を築いた時に、下士をまとめて住まわせました。(上士は城内に取り込んでいます) 一軒一軒の屋敷には境界の塀がなく、隣家の奥までまる見えで鉄砲の筒の中を覗いたようだと…

【長崎県島原市】島原城

長崎県島原市の島原城 島原城由来 この地は森岳といい、有馬晴信が本陣を構えて佐賀・龍造寺隆信軍を撃破したところです。この瑞祥の地に、五条(奈良県)から入封した松倉重政が島原城を築きました。1618年(元和四年)着工、四~七年の歳月を経て完成。同…

【長崎県島原市】時鐘楼

島原藩主、松平忠房公は、「民に時刻を知らしめ、これを励行せしむることは政治の要道である」として延宝三年(1675)豊後高田の治工藤原正次に巨鐘を鋳造させ、この地に鐘楼を建てて、時間ごとに撞き鳴らし時刻を知らせました。 以来、二百七十年間、島原の…

【長崎県南島原市】原城跡

長崎県南島原市の原城跡 原城は、戦国時代の有馬氏の重要な城であり、1637(寛永14)年に勃発した島原・天草一揆の舞台となった城である。城は海岸に突き出した丘に築かれ、本丸、二の丸、三の丸、天草丸、鳩山出丸などから構成されていた。周囲は約4km、…

【長崎県島原市】霊丘神社

長崎県島原市鎮座の霊丘神社 拝殿 本殿 神社名 霊丘神社 住所 長崎県島原市弁天町2丁目7341 TEL 0957-62-3446 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 有 御朱印 有