歴研

歴史好きの歴史好きによる歴史好きの為のブログ

【福岡県飯塚市】高宮八幡宮

福岡県飯塚市鎮座の高宮八幡宮 高宮八幡宮は、伊岐須で生まれた人、ここに住んでいる人、ここで生まれて他所に移り住んでいる人、およびここで働いている人達を分け隔てなく、日夜守り導いて下さっている神々がお祀りしてあります。伊岐須の鎮守の神であり氏…

【熊本県八代郡氷川町】宮原三神宮

熊本県八代郡氷川町鎮座の宮原三神宮 三宮社六地蔵(町指定文化財) 貞享2年(1685年)に、三宮社(現三神宮)神蔵寺に建立されたが、明治初期の神仏分離令(神道と仏教、神と仏、神社と寺院とをはっきり区別させること)により、明治4年から昭和59年まで西…

【熊本県球磨郡湯前町】市房山神宮里宮神社

熊本県球磨郡湯前町鎮座の市房山神宮里宮神社 御神馬彫刻 昇り龍「導きの龍」 この龍神像は、神社の「地域に元気を取り戻したい」という願いを受けて、チェンソーアート世界チャンピオンの城所ケイジ(43)(和歌山県田辺市龍神村在中)に龍神像彫刻を依頼し…

【熊本県球磨郡湯前町】安牧神社

熊本県球磨郡湯前町鎮座の安牧神社 安牧神社のホシコガ 当神社は、昔から牛馬の神として農家の崇敬が篤い。この樹は、建立時の植栽ともいわれ、長く牛馬の安産の日絵馬を奉納する喜びの顔を見守り続けている。 牛の手水舎 拝殿 神社名 安牧神社 住所 熊本県…

【熊本県球磨郡多良木町】王宮神社

熊本県球磨郡多良木町の王宮神社 楼門 王宮神社楼門(県指定) 応永23年(1416年)相良頼久の造立と伝えられ、三間一戸の楼門、屋根寄棟造り、茅葺、下層の桁行4.87m、梁間3・00m、すべて丸柱を用いています。明治末の修造の際に屋根裏の社棋を取り除いた…

【長崎県長崎市】眼鏡橋

中島川石橋群 長崎県長崎市の眼鏡橋 遺跡名 眼鏡橋 住所 長崎県長崎市魚の町2 TEL 年代 指定区分 駐車場

【長崎県長崎市】出雲大社長崎分院

長崎県長崎市鎮座の出雲大社長崎分院 神社名 出雲大社長崎分院 住所 長崎県長崎市桜町8−5 TEL 095-822-9278 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 御朱印

【長崎県長崎市】長崎大神宮

長崎県長崎市鎮座の長崎大神宮 長崎大神宮の由緒 「東京大神宮の流れをくむ」「親王が分霊されたお宮は長崎には別ない。創建は明治時代、長崎の伊勢神宮を崇敬する人達が日本の国柄を宜■■ために長崎に祀ると伊勢神宮は勧請明治11年(1878)に海路茂木港につ…

【長崎県長崎市】興福寺

長崎県長崎市の興福寺 千里眼 順風耳 県指定史跡 興福寺寺域 興福寺は、元和6年(1620)創建されたわが国における最初の唐寺です。開基は江西省出身の眞圓、寺地は元欧陽氏の別荘でした。眞圓は寛永12年(1635)まで住職を務め、その後二代目には、眼鏡橋を…

【長崎県長崎市】若宮稲荷神社

長崎県長崎市鎮座の若宮稲荷神社 方形の鳥居 鳥居の柱が方形で作られた珍しい鳥居。旧長崎奉行内の稲荷社に文政三年(1822)に長崎奉行土方出雲守が奉納し、明治三十二年(1899)に当神社に移される。 方形の鳥居 坂本龍馬と若宮稲荷神社 若宮稲荷神社は「勤…

【長崎県長崎市】亀山社中跡

長崎県長崎市鎮座の亀山社中跡 近藤長次郎<1838~1866 高知県生まれ> 幼い頃から学問・武術を好み、江戸にも遊学して高島秋帆からも砲術を学びました。勝海舟に入門し神戸海軍操練所でも修行を続け、慶應元年(1865)の亀山社中結成に参加し、「龍馬の片腕…

【長崎県長崎市】亀山焼窯跡

長崎県長崎市の亀山焼窯跡 亀山焼窯跡について 亀山焼窯跡は文化四年(1807年)大神甚五平外三名がオランダ人に売る水瓶製造の窯を築き陶器を焼いたことに始まり、文化十一年(1814年)白磁染付を焼くことに成功しました。絵付は南画家木下逸雲など有名文人…

【長崎県長崎市】伊勢宮

長崎県長崎市鎮座の伊勢宮 伊勢宮略歴 當伊勢宮は今を去る三百六十余年前の寛永六年に天台宗修験南岳院存祐と云う人が長崎の繁栄天下泰平諸人安全祈願の為に外宮長官檜垣常晨の許状を得て今の地に内宮を鎮座奉斎し後、寛永十六年に幕府及伊勢神宮に請ふて外…

【長崎県長崎市】宮地獄八幡神社

長崎県長崎市鎮座の宮地嶽八幡神社 八幡町の陶器で出来た鳥居で有名な神社。寛永二十年(1643)、天台宗の大覚院存性坊という修験僧が高麗町(今の八幡町)に大覚院を創建、正保三年(1646)に山城国から本社八幡宮を勧請して院内に祀ったのが起源。 承応二…

【長崎県長崎市】滑石太神宮

長崎県長崎市鎮座の滑石太神宮 滑石大神宮社叢 この神社は、もと大村藩領滑石村の氏神として萬治3年(1660)に創建されたもので由緒も深い。社叢は、小高い丘の広い範囲を覆い、社殿を中心に周囲い広がる。 社叢を形成する樹木は、いわゆる照葉樹林で、高木…

【長崎県長崎市】松森天満宮

長崎県長崎市鎮座の松森天満宮 戦利兵器奉納ノ記 是レ明治三十七八年役戦利品ノ一ニシテ我カ勇武ナル軍人ノ熱血ヲ濯キ大■ヲ得タル記念物ナリ茲ニ僅テ之ヲ献シ以テ報賽ノ微衷ヲ表シ尚皇運ノ隆昌ト国勢ノ発揚トヲ祈ル 奉納された戦利兵器 県指定有形文化財 職…

【長崎県長崎市】西山神社

長崎県長崎市鎮座の西山神社 西山神社(妙見宮)由緒記 長崎聖堂の学頭で唐通事 蘆草拙が寛文年間(1660年代)から奉祀していた北辰妙見尊星と諏訪神社吟味役村田四郎次(酒屋町居住)が奉祀していた妙見尊神を草拙所有地であったこの浄地(現在地)に神社を…

【長崎県長崎市】諏訪神社

長崎県長崎市鎮座の諏訪神社 御由緒 長崎は、戦国時代にイエズス会の教会領となり、かつて長崎市内に祀られていた諏訪・森崎・住吉の三社は、焼かれたり壊されて無くなっていたのを、寛永二年(1625)に初代宮司となる青木賢清により、官許を得て西山郷円山…

【広島県福山市】草戸稲荷神社

広島県福山市鎮座の草戸稲荷神社 拝殿 拝殿から望む風景 神社名 草戸稲荷神社 住所 広島県福山市草戸町1467 TEL 084-951-2030 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 有 御朱印 有

【広島県福山市】備後護国神社(阿部神社)

広島県福山市鎮座の備後護国神社(阿部神社) 備後護国神社 御由緒 御神徳 当神社は、昭和三十二年まで阿部神社と称えていましたが、国家のために殉じられた御英霊を合祀した備後護国神社と合併して、社名を備後護国神社と改め、阿部神社の社名はなくなりま…

【広島県福山市】三蔵稲荷神社

広島県福山市鎮座の三蔵稲荷神社 お百度参りで願掛け 神様にお願いを叶えてもらえるよう、百回お参りして祈願することです。「一念岩をも通す」の諺にあるように、不可能と思われることも、心を込めて行えば達成できる。願い事を心底百回繰り返すことによっ…

【広島県福山市】福山八幡宮

広島県福山市鎮座の福山八幡宮 楼門 聰敏神社 備後国初代領主、水野勝成公を祀る神社である。 勝成公は、徳川家康の従兄弟で、大阪夏の陣に初戦を飾り、その功により三河国刈谷より大和郡山を経て、西国鎮衛として元和六年この福山十万石の領主として赴任し…

【広島県福山市】艮神社

広島県福山市鎮座の艮神社 楼門 沿革 当神社は平安時代、福山が藤原家の荘園として栄えていた当時(天栄年間 西暦1100年頃)須佐之男命を祀る「牛頭天王社」として今の木之庄に建立されており、(牛頭とは須佐之男命の呼称)建武元年(西暦1334年)今の地に…

【広島県福山市】福山城

福山城 福山城は、西国鎮護の重責を担って入封した徳川譜代の臣、水野勝成が元和六年(1620)より三ヶ年の歳月を費やし、陸海の要衝であるこの地に完成させた平山城である。 総面積約八万坪(26・5ha)内外二重の濠をめぐらし本丸には、白亜の五層六階の複合…

【広島県福山市】天別豊姫神社

広島県福山市鎮座の天別豊姫神社 由来 当神社はこの地方が穴の海と呼ばれていた頃、黄葉山東麓の荒磯岩上に祀られ「磯神社」と称されていた。 元慶二年(878年)には神階従五位上に叙せられ、延長五年(927年)には延喜式神名帳に安那郡天別豊玉姫神社と所載…

【岡山県岡山市北区】吉備津彦神社

岡山市北区鎮座の吉備津彦神社 古代御社図 由緒 古代より当社背後の吉備の中山には巨大な磐座(神が鎮座する岩)・磐境(神域を示す巨石群)が有り、山全体が神の山として崇敬されてきた。 主祭神は大吉備津彦命。命は四道将軍の一人(西道将軍)として山陽…

【岡山県岡山市北区】國神社

岡山市北区鎮座の國神社 拝殿 本殿 國神社拝殿から見る岡山市街 神社名 國神社 住所 岡山県岡山市北区三門中町5−1 TEL 086-252-3744 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 御朱印

【長崎県佐世保市】速来宮

長崎県佐世保市鎮座の速来宮 御由緒 当社は古くより早岐城三所権現或いは熊野三所権現と称せられ早岐総鎮守たり景行天皇十二年の鎮座と伝う 永享八年早岐城主源義信再興し神鏡三個を奉納す。殊に松浦家代々の尊崇篤く社領を献し早岐五ヶ村の鎮守神とした。明…

【岡山県岡山市北区】北向八幡宮

岡山市北区鎮座の北向八幡宮 楼門 拝殿 本殿 神社名 北向八幡宮 住所 岡山県岡山市北区矢坂東町1−1 TEL 086-252-7053 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 御朱印

【長崎県佐世保市】須佐神社

長崎県佐世保市鎮座の須佐神社 神木(槙)の由来 この槙の木は慶長元歳丙申平戸藩主松浦肥前守隆信は秀吉朝鮮に軍を起こすや兵船を編成し子鎮信、孫久信に指揮せしめて大に勇名をはせたり。戦い終わりて同二年八月隆信が当社に戦勝奉告の参拝をし記念にこの…