歴研

歴史好きの歴史好きによる歴史好きの為のブログ

【大分県別府市】八幡朝見神社

大分県別府市鎮座の八幡朝見神社 御神木 境内から望む八幡朝見神社 拝殿 本殿 神社名 八幡朝見神社 住所 大分県別府市朝見2丁目15−19 TEL 0977-23-1408 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 御朱印

【大分県大分市】鶴崎大神宮

大分県大分市鎮座の鶴崎大神宮 鶴崎大神宮沿革 鶴崎大神宮は、明治の初め、伊勢神宮からご分霊をいただき、鶴崎の現在地に奉斎、ご鎮座坐しました神社であります。日本の親神さま、天照大御神さまが主祭神です。 ご鎮座当初は、神宮奉斎会鶴崎教会という名称…

【大分県大分市】若宮八幡神社

大分県大分市鎮座の若宮八幡神社 大友氏の初代能直が1190~1199年(建久年間)に、源氏の氏神である八幡神を鎌倉の鶴岡八幡宮から分霊したと伝えられます。 大友氏の氏神として崇拝が厚く、21代宗麟や、その父20代義鑑が神殿を修営しています。また、宗麟の…

【大分県大分市】府内城

①天守閣 天守閣は厄16mの高さを持つ4層式建物で、壁には優美さを添える華灯窓が付けられ、上棟には鯱鉾瓦が葺かれていました。今は、天守台のみが当時の面影を偲ばせています。 ②東之丸 藩主の御殿と三階櫓を含む5棟の櫓がありました。御殿は居間、湯殿、御…

【大分県大分市】長浜神社

大分県大分市鎮座の長浜神社 拝殿 本殿 神社名 長浜神社 住所 大分県大分市長浜町1丁目8−7 TEL 097-532-6452 御祭神 少彦名命、菅原道真命、倉稲魂命 創建年 社格 建築様式 駐車場 御朱印

【大分県大分市】松栄神社

大分県大分市鎮座の松栄神社 松栄神社沿革 当神社は慶長末期、上州(現在群馬県)水沼村に松平家(徳川家康生家)の祭神近正八幡宮として創祀され、戦国時代混乱治世の神、疫病災厄鎮護の神として国内に名高く国民の信仰顕著なりしため、享保十四年(1729年…

【大分県大分市】春日神社

大分県大分市鎮座の春日神社 敬神生活の綱領 神道は天地悠久の大道であって崇高なる精神を培い太平を開くの基である。神慮を畏み祖訓をつぎいよいよ道の精華を発揮し人類の福祉を増進するは使命を達成する所以である。ここにこの綱領をかかげて、向かうとこ…

【佐賀県小城市】須賀神社

佐賀県小城市鎮座の須賀神社 太閤腰掛石 豊臣秀吉 文禄の役の際(文禄元年)西暦1592年、茶を片手に憩の場所として休まれた石 千葉城跡 須賀神社 南北朝、室町、戦国時代に小城郡、佐賀郡、杵島郡の三郡一帯に勢力をふるった千葉氏の山城跡です。千葉氏がこ…

【佐賀県佐賀市】堀江神社

佐賀県佐賀市鎮座の堀江神社 堀江神社 肥前鳥居 堀江神社神像群 この神像には、一国一社の国名神号が墨書されている。これは蒙古襲来のとき、後宇田帝が祈願のため納めたものと伝えられている。神像はすべて一木彫で、中世のころの作と推定され、三つの神像…

【佐賀県佐賀市】伊勢神社

佐賀県佐賀市鎮座の伊勢神社 伊勢神社の石造肥前鳥居及び肥前狛犬 石造肥前鳥居の特徴は、笠木・島木・貫・柱が、通常2~3本の継材で形成されており、笠木と島木が一体化して木鼻は流線形になっている。さらに、柱の上端の笠木・島木を支える部分には、台輪…

【佐賀県佐賀市】佐賀県護国神社

佐賀県佐賀市鎮座の佐賀県護国神社 拝殿 本殿 神社名 佐賀県護国神社 住所 長崎県長崎市坂本2丁目6−56 TEL 0952-23-3593 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 御朱印

【佐賀県佐賀市】豊増家武家屋敷の門

武家屋敷の門 1棟 豊増家(旧鍋島監物屋敷)の門は、潜戸付長屋門である。正面向かって左側に二階建の番所があり、右側には籠を納める倉庫があって、屋根は本瓦葺入母屋造り、外壁は漆喰塗り、腰は簓子下見板張り、番所の二階正面には出格子窓が設けられてい…

【長崎県長崎市】山王神社

長崎県長崎市鎮座の山王神社 被爆した鳥居 この鳥居は1924年(大正13年)10月に山王神社の二の鳥居として建てられたが、1945年(昭和20年)8月9日、午前11時2分、原子爆弾のさく烈により、一方の柱をもぎ取られてしまった。ここは爆心地から南東へ約800mの距…

【長崎県長崎市】淵神社

長崎県長崎市鎮座の淵神社 淵神社 爆心地から南南西へ約1700mの距離にあった淵神社は、宝珠山の山腹にまわりを樹木に取り囲まれて建っていた。 1945年(昭和20年)8月9日、午前11時2分、原子爆弾の炸裂により、社殿は爆風で倒壊し、境内に巡らされた玉垣も社…

【福岡県福津市】諏訪神社

福岡県福津市鎮座の諏訪神社 拝殿 本殿 神社名 諏訪神社 住所 福岡県福津市西福間2丁目1−15 TEL 0940-42-0691 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 御朱印

【福岡県久留米市】諏訪神社

福岡県久留米市鎮座の諏訪神社 年代は不詳だが奈良朝末から平安初期頃(一千二三百年から一千四五十年前)には既に宮立があったでしょう。天慶年間一千三十年前の筑後の国神名帖には(国内神社の戸籍簿にも当る祭神大己貴命建御名方命とあり大神社としてます…

【福岡県久留米市】五郎丸神社

福岡県久留米市鎮座の五郎丸神社 創建の年代、由来は不詳であるが、八幡大菩薩(八幡神社)、天神(天満神社)は江戸時代前期にはすでに五郎丸村の氏神とされている。 明治6年3月14日に八幡神社は村社に昇格する。明治42年5月に旧社殿を建立し、明治43年5月2…

【福岡県久留米市】成田山久留米分院

福岡県久留米市の成田山久留米分院 慈母大観音像 本堂 寺名 成田山久留米分院 住所 福岡県久留米市上津町 TEL 本尊 創建年 駐車場 備考

【福岡県大牟田市】三笠神社

福岡県大牟田市鎮座の三笠神社 由緒 髙橋紹運公は戦国武将にて、大友氏の一族吉弘氏より出で、高橋の名跡を継がれ筑前岩屋城・宝満城主として主家大友宗麟に忠節を誓い筑前立花城主、戸次道雪と共に大友家を支え守り抜きました。 天正十四年夏、九州制圧をか…

【福岡県大牟田市】熊野神社

福岡県大牟田市鎮座の熊野神社 拝殿 本殿 神社名 熊野神社 住所 福岡県大牟田市鳥塚町87 TEL 0944-53-0137 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 御朱印

【福岡県新宮町】磯崎神社

福岡県粕屋郡新宮町の磯崎神社 磯崎神社は始め現在地より西方にあった磯崎の岬(新宮波止場付近)に鎮座されていましたが、暴風や怒涛のため社殿の破損が心配されるため、村民がこの地に移さんと筑前藩主へ願い出ました。貞享二年(1685年)筑前国主松平右衛…

【山口県】福徳稲荷神社

山口県下関市鎮座の福徳稲荷神社 谷嶽・谷森・谷川稲荷の三社に本社の御祭神の御分霊をお祀りしてあります。又近い時に縁組稲荷社を造営し、良縁を祈る参詣者をお迎えしています。 前述三社には幼児の病気平癒或いは大漁・航海安全、又商売繫盛等ご利益霊験…

【山口県長門市】元乃隅稲荷神社

山口県長門市鎮座の元乃隅稲成神社 龍宮の潮吹とは、打ち寄せる波が海面近くの、わずか縦1m、幅20㎝の穴に突入し、上方に海水を噴出させる噴潮現象のことです。北よりの風が吹き海が荒れると潮が上がり、気象条件が揃うと海水を最大30mも吹き上げることもあ…

【山口県長門市】八阪神社

山口県長門市鎮座の八阪神社 八阪神社は人皇四十四代元正天皇霊亀年中吉備大臣遣唐の砌、御祭神の加護により恙なく帰朝の時、船を仙崎港に繋ぎ遺跡を探聞し大いに神徳の著しきを感嘆され、帰京の後、聖武帝吉備公を遺し天平三年三月尊神廟を仙崎王子山の総頂…

【島根県益田市】柿本神社

島根県益田市鎮座の柿本神社 柿本人麻呂朝臣は、考昭天皇の皇子天足彦国押人命の後胤である小野族から分かれた柿本族の出である。柿本族の本拠は大和にあったが、その一部族が益田市戸田(小野郷)に移住、小野の地に於いて人麻呂公は御生れになったと伝えら…

【島根県益田市】染羽天石勝神社

国指定重要文化財 染羽天石勝神社本殿 染羽天石勝神社は、社殿の東側、弁天池の背後にある注連岩を石神とした自然崇拝を起源とし、神亀二年(725)に天石勝命を祭神として創建されました。 『延喜式』に美濃郡五座のひとつとしてその名がみえ、後に滝蔵権現…

【島根県出雲市】出雲大社

島根県出雲市鎮座の出雲大社 出雲大社宇迦橋大鳥居 国登録有形文化財 出雲大社宇迦橋大鳥居(大正4年(1915)建築) 宇迦橋大鳥居は、大正3年(1914)に新たな参道として整備された神門通りを彩るため、また、大正天皇の即位をお祝いして建築されました。寄…

【島根県出雲市】日御碕神社

島根県出雲市鎮座の日御碕神社 日御碕神社 日御碕神社の所在の浦は、『出雲国風土記』にみえる「御前浜 広さ一百二十歩あり。百姓の家あり」とみえる御前浜にあたる。 その「百姓」の「御崎の海子」が採集する鮑は名品であったという。『風土記』には現・日…

【島根県出雲市】長浜神社

島根県出雲市鎮座の長浜神社 長浜神社 由緒書 妙見信仰 北極星や北斗七星に祈る信仰で、国家鎮護や武運長久などの御加護で知られる。 戦国時代の大内・尼子・毛利の各武将や豊臣秀吉から、当初は社領寄進や安堵を受け、江戸時代の延宝三年(1675年)の火災の…

【島根県出雲市】鰐淵寺

島根県出雲市鎮座の鰐淵寺 仁王像 仁王像 推古二年(594年)智春上人が推古天皇眼疾を浮浪滝に祈って平癒されたので、その報賓として建立された勅願寺である。天竺(印度)霊鷲山の艮地が欠けて浪に浮かんで流されて来た土地で浮浪山と称す。上人密法を修し…