歴研

歴史好きの歴史好きによる歴史好きの為のブログ

【長崎県島原市】猛島神社

長崎県島原市鎮座の猛島神社 拝殿 本殿 神社名 猛島神社 住所 長崎県島原市宮の町251 TEL 0957-62-3562 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 有 御朱印

【長崎県佐世保市】飯盛神社

長崎県佐世保市鎮座の飯盛神社 拝殿 本殿 神社名 飯盛神社 住所 長崎県佐世保市相浦町2371 TEL 0956-47-2515 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 有 御朱印 有

【長崎県島原市】島原武家屋敷

長崎県島原市の武家屋敷跡 武家屋敷街 ここ一帯に徒士屋敷があり、松倉重政が島原城を築いた時に、下士をまとめて住まわせました。(上士は城内に取り込んでいます) 一軒一軒の屋敷には境界の塀がなく、隣家の奥までまる見えで鉄砲の筒の中を覗いたようだと…

【長崎県島原市】島原城

長崎県島原市の島原城 島原城由来 この地は森岳といい、有馬晴信が本陣を構えて佐賀・龍造寺隆信軍を撃破したところです。この瑞祥の地に、五条(奈良県)から入封した松倉重政が島原城を築きました。1618年(元和四年)着工、四~七年の歳月を経て完成。同…

【山口県下関市】亀山八幡宮

山口県下関市鎮座の亀山八幡宮 扁額の「山」の部分に挟まった野球ボール 亀山砲台跡 江戸末期、開国を迫る諸外国への危機感が高まり、長州藩は全国にさきがけ外敵防衛策をとり、長州藩主毛利元周公は亀山八幡宮を始め、市内各地に砲台を築き攘夷戦に備えた。…

【長崎県島原市】時鐘楼

島原藩主、松平忠房公は、「民に時刻を知らしめ、これを励行せしむることは政治の要道である」として延宝三年(1675)豊後高田の治工藤原正次に巨鐘を鋳造させ、この地に鐘楼を建てて、時間ごとに撞き鳴らし時刻を知らせました。 以来、二百七十年間、島原の…

【長崎県南島原市】原城跡

長崎県南島原市の原城跡 原城は、戦国時代の有馬氏の重要な城であり、1637(寛永14)年に勃発した島原・天草一揆の舞台となった城である。城は海岸に突き出した丘に築かれ、本丸、二の丸、三の丸、天草丸、鳩山出丸などから構成されていた。周囲は約4km、…

【長崎県島原市】霊丘神社

長崎県島原市鎮座の霊丘神社 拝殿 本殿 神社名 霊丘神社 住所 長崎県島原市弁天町2丁目7341 TEL 0957-62-3446 御祭神 創建年 社格 建築様式 駐車場 有 御朱印 有

【長崎県雲仙市】小濱神社

長崎県雲仙市鎮座の小濱神社 私共の鎮守、小濱神社、剣柄神社は建立以来幾星霜を重ね、永年の風雨による著しい老朽化、平成三年の台風被害等により危険な状態となったので、関係者英知を出し合い協議を重ね、諸般の事情を考慮のうえ、平成の大事業として両神…

【長崎県雲仙市】橘神社

長崎県雲仙市鎮座の橘神社 橘中佐(周太)生家由緒 この建物は、当神社の祭神橘中佐が、慶應元年(1865年)■々の声をあげられたゆかりの生誕の家の一部であります。 橘家は有名な楠正成の支族で、今から約450年前の享禄二年(1529年)近畿地方からこの地に移…

【長崎県諫早市】御館山稲荷神社

長崎県諫早市鎮座の御館山稲荷神社 矢受石(源為朝の弓矢伝説) 御館山は標高99mの独立丘で、若き日の源為朝が頂上に館を築いたので、この名がついたと言われています。 源為朝は平安末期、源為朝の第八子として生まれました。子どもの頃から体も大きく暴…

【長崎県諫早市】諫早神社

長崎県諫早市鎮座の諫早神社 当宮の創始は、平城京・奈良時代の神亀五年(西暦728年)、聖武天皇の勅願により、行基菩薩が当地へ赴き、石祠を祀ったのが始まりと伝わる。 もとは九州総鎮護の神々を御祭神とする「四面宮」という神仏習合の神社であった。 明…

【長崎県諫早市】西郷井戸

西郷井戸 西郷井戸は、この山城ができたころに彫られていて、頂上の高城で使う水はここから汲み上げていたと考えられている。 天正15年(1587)龍造寺家晴(初代諫早家)は、西郷家の高城を手に入れて伊佐早地方の領主となった。その戦いのとき、高城から逃…

【福岡県諫早市】諫早眼鏡橋

諫早眼鏡橋物語「いさはやのめがね橋、行き戻りすればおもしろかなり(かぞえ唄)」 橋のない城下町 市内を貫いて流れる本明川は地形の関係上、昔より荒れ川と言われ、大洪水の繰り返しを続けてきました。それにより橋という橋はことごとく流され、文化七年…

【長崎県諫早市】高城神社

長崎県諫早市鎮座の高城神社 若杉霊神 若杉春后は諫早藩士で晩年を森山町井牟田名で晴耕雨読の生活を送っていた。生来、学問を好み詩文にたけ、また書にも優れていた。この人が世に霊神として仰がれ郷土諫早の救世主として敬われるようになったのは次のよう…

【福岡県北九州市八幡西区】春日神社

北九州市八幡西区鎮座の春日神社 絹本著色黒田二十四騎 福岡藩が江戸時代末期、御用絵師の尾形洞霄(1791~1863)に命じ、初代黒田長政に仕えた二十四人の重臣の肖像を一人ごとに描かせ、春日神社に奉納したものです。これは長政の死後、かつて黒崎城を預か…

【福岡県北九州市八幡西区】岡田宮

北九州市八幡西区鎮座の岡田宮 楼門 「天地人」 宝永四年(1707年)鶴原君玉奉納 「岡田社」 延享元年(1744年) 香椎宮勅使 飛鳥井中将藤原雅重奉納 拝殿 本殿の彫刻 本殿 神社名 岡田宮 住所 福岡県北九州市八幡西区岡田町1−1 TEL 093-621-1898 御祭神 …

【福岡県朝倉市】美奈宜神社

福岡県朝倉市鎮座の美奈宜神社 美奈宜神社 大銀杏 この大銀杏は寛永十六年(1639年)黒田美作一成(三奈木初代の殿様)が社殿再興の記念として植樹したと伝えられ、樹齢約350年余を経ており、高さ約三十六米余、周囲六米余で、樹勢旺盛で住民の目を楽…

【福岡県朝倉市】美奈宜神社

福岡県朝倉市鎮座の美奈宜神社 由緒 今から千八百年前、父君景行天皇の教えに沿って、仲哀天皇は皇后と熊襲を征伐されたが、不幸病にかかり崩御された。皇后はこのことを秘し、その根幹新羅を討つべく、出師の計画を立て、兵員を集め、兵船、軍器の準備を整…

【福岡県うきは市】水神社

福岡県うきは市鎮座の水神社 由緒 寛文四年(1663年)祭神(五庄屋)首唱となり大石長野の二水道を築き、二千数百町歩の美田を得た明治十五年此の地に水神社を創立し、彌都波能売神を祀って、水道の守護神として、私かに五庄屋の霊を配祀した。明治四十一年…

【福岡県うきは市】浮羽稲荷神社

福岡県うきは市鎮座の浮羽稲荷神社 連なる赤鳥居(上から) 連なる赤鳥居(下から) 神社から見る風景 開運の神 御祭神 1、伏見稲荷大社 稲倉魂の神 商売繫盛・五穀豊穣・交通安全 2、京都松尾大社 大山咋の神 酒造・健康と寿命長寿 3、太宰府天満宮 菅原の神…

【大分県杵築市】奈多宮

大分県杵築市鎮座の奈多宮 萬世の為に太平を開く 中国、張横渠の有名な立言、即ち「天地の為に心を立つ。住民の為に命を立つ往聖の為に絶学を継ぐ。萬世の為に太平を開く」の結語です。人間の心というものを立派に作り上げるということが、人の為であると同…

【福岡県大刀洗町】大堰神社

福岡県三井郡大刀洗町鎮座の大堰神社 正徳2年(1712)完成した床島堰はこの地方の農業振興に大きな恩恵を与えています。床島用水路(江戸前水路)の分岐点に位置する大堰神社には、大正14年床島堰建設の指導者草野又六及び高山六右衛門・秋山新左衛門・鹿毛…

【福岡県篠栗町】太祖神社

福岡県糟屋郡篠栗町鎮座の太祖神社 祭神伊弉諾尊は神代よりの御鎮座なり その歴史は古きお社にて国土を化成し万民の始祖としますが故に神功皇后の三韓御征伐の節、香椎宮にて大臣武内宿祢を召して異敵征討の御廟算あらせられし諸神を祈り祭り給えと神託有り…

【北九州市八幡東区】日開神社

北九州市八幡東区鎮座の日開神社 「古事記」「日本書紀」の神代の段、天の岩戸開きの神話に登場する神様を御祭神としてお祭り致しております。弟神スサノオ命の悪行により姉神アマテラス大神は難を避けて天の岩戸に姿を隠されました。その為、高天原は真っ暗…

【北九州市八幡東区】鳥野神社

北九州市八幡東区鎮座の鳥野神社 鳥野春日神社の創立は遠く神武天皇ご東征の御代、天皇響灘ご通過のみぎり、侍臣天種子命に勅して鳥野ヶ原(藤田字御登)に天児屋根命を祀らせた。これにより鳥野春日神社と申し上げます。神護景雲年間(767年~770年)奈良春…

【福岡市中央区】平尾八幡宮

福岡市中央区鎮座の平尾八幡宮 平尾八幡宮は、慶長の始め(17世紀前後)に創建の地、古宮より旧平尾村の北の小高い現在の場所に御遷座されたと伝承されています。御祭神には八幡大神(応神天皇)、神功皇后(応神天皇の母神)珠衣姫命(神武天皇の母神)の三…

【大分県日出町】日出若宮八幡神社

大分県速見郡日出町鎮座の日出若宮八幡神社 天徳三年(959) 郡司清原高秀 津島八津島大明神より二神を勧請し神祀を建立 天徳四年(960) 大神郷司緒方惟季山城国石清水八幡宮より勧請し浮津浜北山(現在社地)に奉仕社殿を建て、日出、津島、川崎三ケ村の産…

【北九州市八幡東区】豊山八幡神社

北九州市八幡東区鎮座の豊山八幡神社 神功皇后、三韓を従え給いし御弓矢を山中に納め天下が豊かなる事をお祈りされ、この山を豊山(ゆたかやま)と名付ける。 光孝天皇の御代、大宮司岡県主年麻呂に御神託が有り、現在地に御神体を遷し太宰府官ノ奉行のもと…

【福岡県那珂川市】現人神社

福岡県那珂川市鎮座の現人神社 伊邪那岐の大神筑紫の日向の橘の小戸の■原にて禊祓い給いし時に生まれましし住吉三柱の大神を祭祀した最も古い社にして、神功皇后(一七八〇年前)三韓遠征の際軍船の舳先に御形を現し玉体を護り進路を導き無事凱旋せしめた御…